株を上手に賢く活用する方法について

投資に興味を持った時に真っ先に思いつく投資先は株式を発行している会社へ投資することだと考えられます。会社の業績が良ければ利益が出て配当金を貰うことができます。逆に会社の業績が悪いと損失が出て配当金が支払われなくなることがあります。株の売買は買った時よりも価値が高い時に売れば投資者の資産が増え、買った時よりも価値が下がっても売らなければ損失確定にはなりません。一時的に損をしていても気長に待つことも大事です。投資をする時に重要なのはリスクを避けることです。ローリスク、ローリターンで賢く資金運用していくことが考えられます。投資先に株を選んだ場合、最も重要視するのは投資先の会社と会社が定める株主優待だと言えます。例えばテレビやネットのニュースで悪い情報が流れているなら、なるべく不安要素を持つ会社は避けたいです。名前の知れている大きな会社なら倒産する可能性も低くて安心できます。株主優待は会社によって異なりますが年に1回、会社で生産している物や運営しているサービスの割引券等が貰えるシステムです。会社によって優待の種類や有無、優待確定日等が異なるため、投資する前に確認して自分に合った会社を見つけると良いです。株は同じ会社に長く投資することで元を取ることができます。例えば1ヶ月に配当金50円が支払われ、年1回の優待で3000円の割引券が貰える会社があったとします。1年間株を保有していれば3600円分の元が取れ、10年で36000円分になります。また、一般的に会社は業績を良くしようと成長していくため、自然と株価が上がっていくことが予想されます。この事から同じ会社への長期間の投資は賢い選択だと考えられます。

初心者でも利益を出せる株式投資とは

投資をするということは非常に難しいことです。暴落する事もありますし、上がらないだろうと判断して購入を見送った株が急上昇することもあります。そういったことを見出すというのは、有名投資家であってもなかなかに難しいことであると言えます。初心者ならばなおさらですが、儲けられないということではないので、いかに利益を出すかということを説明していきます。まず、利益を出しやすいというものとして株式配当が挙げられます。株主は企業の売り上げから従業員に支払うべき賃金や原材料などのコストを引いた残余を受け取ることが出来ます。企業が非常に大きい利益を出していると、大きなリターンが期待できますが、損益を出していればリターンはない上、株価が下落し損をします。こういったことが起こりやすい企業に対して投資を始めたばかりの初心者は出資をするべきではありません。ある程度資金を準備して、収益を出している誰もが知る大企業を買うということによって配当を得ることが利益を出すということの近道と言えます。要するに誰もが買いたい株式を購入することにより配当をもらうことがリスクを軽減することが出来、利益を得ることが出来るというわけです。しかし、先に紹介した方法は潤沢な資産を持つ人に限る方法なので、それほど資産のない人にとっては難しい話でしょう。ならばリスクは増えますが、過去の情報と現在を比較することにより判断をして投資をするという方法はどうでしょうか。例えば1年前1株120円だったのが現在100円になっていたとします。しかしながら、企業収益は前年、現在共に10億円あったとすると企業に不安はないはずです。ならば、その企業は売られ過ぎということになります。また、自社株買いをする企業は、その企業が自社の株が低いとみなしていることのシグナルと言えるので、行った会社に投資をすることでキャピタルゲインを得るという方法もあります。

世界の株価と為替を知ることで株式投資に勝つ

世界の株価を知ること、為替を知るということは、株式投資において重要なことです。それはどうしてでしょうか。日経平均株価をドル円相場の動きなどを踏まえて説明をしていきます。まず、株価が上昇するまたは下落するということはどういうことでしょうか。前者は企業に対する信頼、すなわち、倒産しないとか、非常に大きい利益を得ているなどがあるということが言えます。後者は前者の逆で、倒産の可能性がある、損益を何期にもわたって出しているということで、不安視されているということが言えます。ところで、日本の場合円安になると日経平均株価が上昇するという傾向があります。円安は円が手放されるわけですから、一見すると不思議なように感じますが、円安は今までいきわたらなかった人にも円が行き渡るようになるわけですから、景気が良くなりますし、そうすると購買意欲も増えますから、輸入業者などを除く国内企業は利益を得ることが出来ます。だから輸出企業が多く入っている日経平均株価は上昇するということです。また、日本の企業はアメリカにも現地法人を設立しているわけですから、米国に対しても商品やサービスなどを販売します。もし米国の株価は全体的に高い状態にあるならば、米国の景気は好調であるということが言えます。そうである状況ならば、日本企業が作ったものを買ってくれるという可能性は十分に高いわけですし、日本企業は収益を高めることが出来ます。そうすると株価はもちろん上昇することになります。以上の具体例から、米国の金融市場の動向を見ること、知るということは、国内での投資活動をするうえで大事な事であるということが言えます。そして、日本の景気に大きく影響することも言えます。

■始める前に解約方法も確認しておく
投資信託の解約について
■多くの種類の銘柄が見れます
仕手株まとめサイト
■初心者の方に株のイロハをアドバイスいたします
株初心者